【nippon.com】“多死社会” 日本—変わりゆく葬送・お墓事情

わが国では21世紀への変わり目を境に、死亡年齢の高齢化が急速に進んでいる。2000年に亡くなった男性のうち、80歳以上だった人は33.4%だったが、16年には51.6%と過半数を占めた。90歳以上で亡くなった男性は7.5%から14.2%。男性より長寿傾向にある女性を見てみると、2000年〜16年で死亡年齢80歳以上は56.3%から73.8%、90歳以上は19.6%から37.2%に増えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る