【京都新聞】風神雷神図屏風、立体映像で鑑賞 京都・建仁寺で発表

デジタル技術による新しい文化財鑑賞法が、京都市東山区の建仁寺で発表された。ゴーグル型端末で「風神雷神図屏風(びょうぶ)」(複製品)を見ると、案内役の僧侶などの立体映像が登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る