【岐阜新聞Web】新たな仏像開眼供養 盗難被害で住民が製作依頼

昨年8月、十一面観音菩薩像など仏像3体の盗難被害に遭った岐阜市太郎丸の船國寺観音堂で18日、新たに寄進された3体の開眼供養が営まれた。35年以上観音堂を参拝し続け、新たな3体の製作を依頼した渡辺久栄さん(83)=同=は「万感の思い。地域を見守り続けてほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る